Back

News

中国でのバトルでレース愛を再確認したロペス

中国でのバトルでレース愛を再確認したロペス

01/10/2015 16:00

ROSNEFT WTCC中国ラウンドのレース2で、ガブリエル・タルキーニと2位の座を争ったホセ・マリア・ロペスは、改めて自分がレースを愛していると確認したようだ。

シトロエンのロペスとホンダのタルキーニは、6ラップにわたって激しいバトルを繰り広げ、タルキーニがわずか0.025秒差で2位をキープした。選手権の歴史で最も僅差のフィニッシュだ。

レース1で今季8勝目を挙げていたロペスは、「特にイヴァン(・ミュラー)やガブリエルのようなドライバーたちと競えることは、僕がモータースポーツを愛している理由の一つだよ」と述べている。「僕は彼らをすごくリスペクトしているんだ。ずっと前から彼らのことを知っている。ガブリエルとは特別な関係なんだ。僕らはアルゼンチンで同じマシンを使ったことがあるんだよ」。

「非常に良いバトルだった。でも残念ながら、僕は抜くことができなかったね。それでも、タイトル争いのうえで良かったと分かっている。とにかく僕は自分のスタイルでいきたかったんだ。ある程度のリスクも背負って、バトルにトライした。彼を抜こうとしたんだ。本当に、本当に僅差だったね」。

今月末に開催されるタイラウンドを前に、ロペスはドライバーズ選手権で2位に74ポイント差をつけている。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。

WTCCアルゼンチンラウンドのオープニングレースは、セバスティアン・ローブ・レーシングのトム・チルトンが初勝利を収めた。地元出身のホセ・マリア・ロペスは、18位スタートから5位フィニッシュしている。