Back

News

日本の鈴鹿への道

日本の鈴鹿への道

15/10/2012 08:07

FIA WTCCの第19と第20ラウンドが日本の鈴塚で今週末開催されます。今回で5年連続して世界選手権が日出ずる国へ訪れる事になります。

本田宗一郎氏の発案で建設され、今年50周年を迎えた鈴鹿国際サーキットへ訪れるのは、今度で2回目となります。

5.8キロのグランプリコースで先週レースが繰り広げられたフォーミュラ1と違い、WTCCは全長2.2キロの東サーキットでとてもスピーディーな対戦が予定されています。経過時間で見ると、昨年のレースがWTCCの歴史上最短を記録しました。

ラップタイムがわずかに54秒を上回る状態で、2回目のレースはわずか21分で終了してしまいました。1回目のレースも、セーフティ・カーの介入により、そのタイムより4分長かっただけでした。そのため、今回はレースの距離を伸ばすため、23から27へと4ラップ増やす事が決定しています。

2011年には、シボレーのAlain MenuとBMWのTom Coronelが沸き立った観客の前でそれぞれ優勝を飾りました。

2日にウィーンで開催されたFIA表彰式で、WTCCのトップドライバー3名が表彰された。シトロエンはマニュファクチャラーズ選手権優勝を表彰されている。

WTCCで3連覇を成し遂げたホセ・マリア・ロペスは、ウィーンでのFIAの授賞式を心待ちにしている。

先週のWTCC DHLカタールラウンドでメインレースを制したメフディ・ベナーニは、全力で臨んだことが勝利につながったと信じている。

WTCCのプロモーターであるユーロスポーツ・イベンツのフランソワ・リベイロ代表は、来季のタイトル争いはオープンになると述べた。

WTCCに戻ってきた今季の最終戦となった先週のカタールラウンドで、ジェームス・トンプソンはWTCCトロフィーの表彰台を手にした。

WTCC DHLカタールラウンドで表彰台に立ったテッド・ビョルクだが、ポールスター・シアン・レーシングにとって最悪なタイミングだったのかもしれない。