Back

News

ホンダ、「得るは捨つるにあり」

ホンダ、「得るは捨つるにあり」

19/04/2015 23:58

来月のハンガリーラウンドで新仕様を導入するホンダは、旧仕様の最後となるモロッコラウンドで、さらにポイントを獲得した。

カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリング・カーチームのチアゴ・モンテイロとガブリエル・タルキーニは、WTCCモロッコラウンドのレース1で、それぞれ6位と7位に入った。レースではモンテイロがオープニングラップでクラッシュし、リタイヤを余儀なくされたが、タルキーニは再び7位に入っている。

チームが目指しているのは、5月1日から3日まで開催されるMOLグループWTCCハンガリーラウンドで順位を上げることだ。パフォーマンスの改善が期待されている。

ホンダのチーム代表であるアレッサンドロ・マリアーニ氏は、「予選までは本当にポジティブだったが、レースでは難しくなると分かっていた」と述べた。

「レースではそれまでになかった新たな問題を抱えたんだ。ここではダンパがとても大変だけど、その点に関してもっと良い準備ができたと思う。ポルティマンでのテストでは、全体的なセットアップに関して仕事をしてきた。これまでになかったブレーキの問題もあったね。幸いにも、新しい空力パッケージでフロントが完全に違っており、こういう特殊な状態は今回が最後だ。ブダペストでは完全にアップグレードされたパッケージとなる」。

ホンダR&DのWTCC開発プロジェクトリーダーである堀内大資氏は、「昨年と比べて、今回のイベントはライバルたちにより近づくことができた。差は縮まっている。だが、エンジンパフォーマンスを向上させるために、さらなる仕事が必要だ」と話した。

*WTCCマカオラウンドは、F3マカオGPの週末、

...

16/07/2017 23:24 - 2017

ヤン・アーチャーはアルゼンチンWTCCレースで躍進

...

16/07/2017 22:08 - 2017

ニッキー・カッツバーグはアルゼンチンWTCCレース

...

16/07/2017 21:57 - 2017

WTCCアルゼンチン・ラウンドのメインレース、ニッ

ヤン・アーチャーは、トップでチェッカーを受けたトム

ネスター・ジロラミは、ファンの応援とマシンの微調整