Back

News

S60ポールスターでWTCCに挑戦も、ボルボ240ターボの財産が生き続ける理由

S60ポールスターでWTCCに挑戦も、ボルボ240ターボの財産が生き続ける理由

15/10/2015 12:00

来年から新型ボルボS60ポールスターTC1でWTCCに参戦するボルボだが、240ターボの財産は生き続ける。

ボルボがETCCタイトルを獲得して30年となる10月13日、スウェーデンのマントープ・パークで、ボルボS60ポールスターTC1がローンチされた。新型Drive-Eボルボエンジンと同じ最先端技術を用い、新たにつくられた4気筒、400bhpターボエンジンが特徴だ。

全盛期のボルボ240ターボは、小型化した4気筒エンジンを用いてツーリングカーレースの大きな武器となり、6気筒、8気筒、12気筒エンジンのBMWやローバー、ジャガーといった強力なライバルたちに対抗した。

ETCCでタイトルを獲得したほか、ボルボ240ターボはオーストラリア、フィンランド、ドイツ、ポルトガル、ニュージーランド、そしてスウェーデンでのレースでも勝利を飾っている。

ロブ・ハフは日曜日にハンガリーで行われたFIA W

トム・チルトンは、セバスチャン・ローブ・レーシング

ティアゴ・モンテイロは先週末に行われたWTCCハン

ネスター・ジロラミはWTCCハンガリー戦で僚友のニ

ロブ・ハフはハンガロリンクで行われたWTCC第3戦

メフディ・ベナーニが、ハンガロリンク行われたFIA