Back

News

WTCCマカオ・メインレース:ロブ・ハフが歴史的勝利

WTCCマカオ・メインレース:ロブ・ハフが歴史的勝利

19/11/2017 04:31

イギリス人ドライバーのロブ・ハフは、日曜日の朝に行

イギリス人ドライバーのロブ・ハフは、日曜日の朝に行われたFIA WTCC JVC KENWOODレース・オブ・マカオのメインレースで勝利を収めた。

世界屈指の難コースであるマカオ”ギア・サーキット”。土曜日のオープニングレースはハフにとっても厳しいモノとなったが、翌日曜日のメインレースでは素晴らしいパフォーマンスを見せ、2016年4月以来となる勝利を収めた。

「まったく驚くべきことだ!」

そうハフは語った。彼のマシンは、前日土曜日のレースで起きた多重クラッシュにより、ダメージを受けていたのだ。

「すべてチームのおかげだ。彼らは昨夜、信じられないような仕事をして、クルマを再び組み上げた。真夜中の段階でも、僕は明日乗るマシンがないと思っていたんだ」

マカオでのレースとしては初めて、ウエットコンディション下でのスタートとなったレース2。ポールポジションスタートのハフは、隊列の先頭をキープし、非常に注意深く再スタートを迎えた。

「1周目と2周目は特にリスボアでのブレーキを慎重に行った。だから(ノルベルト)ミケリスが近づいてくることもできた。とはいえ、クルマの感触は完璧だった」

ハフは完璧なレース運びで、ホンダのノルベルト・ミケリスに8.142秒の差をつけ、勝利を収めた。ハフはこれでWTCC通算29勝。3度のワールドタイトルを獲得しているホセ・マリア・ロペスと並ぶ歴代2位タイ記録となった。

また、今回ハフが勝ったことで、今季10人目のウイナー誕生ということとなった。

3位でフィニッシュしたのは、トム・チルトンだった。チルトンは3番グリッドからスタートし、レース序盤はミケリスにプレッシャーをかけた。しかし9周目、グエリエリはマンダリンでチルトンをオーバーテイク。ミケリスの援護に回った。

グエリエリはそのままチェッカーまでポジションをキープするかに見えたが、最終ラップでミス! その間にチルトンに先行されてしまい、表彰台を失うことになった。

ランキング首位のテッド・ビョークは5位で、王者決定は最終戦に持ち越しとなった。ビョークとミケリスとの差は6.5ポイントである。

オープニングレース勝者のトム・コロネルは6位。以下メフディ・ベナーニ、ケビン・グリーソン、ネストール・ジロラミ、ゾルト・デビッド・サーボというトップ10となった。

WTCC最終戦のカタールラウンドは、11月30日〜12月1日の日程で、ロザイル国際サーキットで行われる。

...

20/11/2017 06:00 - 2017

WTCCのドライバーたちは、WTCC JVC KE

2017年のWTCCも残り1戦。もつれにもつれたタ

ロブ・ハフは、マカオのギヤ・サーキットで行われたレ

...

19/11/2017 03:00 - 2017

道上龍は、マカオで高得点を獲得し、チームから賞賛を

メフディ・ベナーニが、WTCC JVC KENWO

WTCCにゼンゴ・モータースポーツチームから参戦し